ドーナツを食べる肥満女性
  • ホーム
  • 成人病を防ぐには普段の生活を見直すことが最優先

成人病を防ぐには普段の生活を見直すことが最優先

食事している肥満男性

成人病は今では生活習慣病と言われています。
なぜかと言うと成人病は日頃の生活習慣がその発症や進行に大きく影響しているからです。
特に食生活や水分の取り方、喫煙の有無などが大きく関わっています。
脂っこい食事が好きで日頃から脂質の多い食事を続けていると生活習慣病の一つである肥満症になります。

この肥満症はただ外見だけの問題ではありません。
血管内には消化しきれない脂肪が蓄積すると共に血栓を起こしやすくなっています。
するとこれが引き金となり、心筋梗塞や脳梗塞などを突然発症する場合もあります。

また、糖尿病も生活習慣病の一つです。
食生活により慢性的に血糖の高い状態が続くと、血糖値を調整する機能が不全となり糖尿病になります。
糖尿病は進行すると意識障害をきたしたり、命の危険もある病気です。
これが要因となって心臓病や脳血管障害を起こす場合もあります。

日頃から塩分の高い食事を続けると高血圧になります。
高血圧は心疾患や腎不全を引き起こします。
その他にも脂質異常症、高尿酸血症などが生活習慣病として挙げられます。
このように日頃の生活習慣が成人病の発症に繋がっているのです。

そして発症してからでは生活習慣の改善により症状を改善することもできますが、遅い場合もあります。
若いうちからの積み重ねが40代、50代になってから病気として現れることもあります。
またこの年代になりますと、リウマチなどの病になることもあるので、体がダルイ、熱っぽい、食欲がないなどのことが続いたら一度検査を受けられた方がいいです。
リウマチは手や足の関節の痛みや腫れなどを伴います。悪化すると骨や軟骨が壊れて関節が動かなくなる病なので私生活に支障をきたします。
どうしても痛みに耐えられない場合は解熱鎮痛剤の効果をもつ痛み止めの薬を服用すると良いでしょう。
リウマチにならないためにも日頃の生活を見直すことが大事ですし、成人病予防になるのです。

まずは食生活の見直しが必要です。
脂っこい食事、濃い味の食事はなるべく控えて、野菜やたんぱく質を食べるようにしないといけません。
不適切な食生活を続けると胃にかかる負担も多くなり、胃酸の過剰分泌や胃もたれから来る逆流性食道炎など様々な症状が発生してしまいます
ネキシウムは過剰な胃酸を抑える効果がありますが、それらに頼らないような生活を心がけることが第一です。
また、適度な運動も必要です。
このように普段の生活を見直すだけで病気を予防することができるのです。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ